Sounds of Goodbye

こっけが息抜きに何かを書きます。

◎ ACCESS :

かけ放題合戦の幕開け

前回の記事の関係で続き。

前回、データ通信用に格安SIMつかったらええやん!ってなったワケですが、
せっかく2本持つわけだから通話側も良くしたいよね。

長電話するならやっぱりかけ放題なプランが欲しいところ。
今現在、周りにいるのはauとdocomo。
大体どのキャリアも同キャリア間ならお金かけずとも深夜以外はかけ放題ですが、
他社ともかけ放題となると、思いつくのはウィルコムの「誰とでも定額」。
今は「新ウィルコム定額プランS」という基本プランと合わせても
¥2,315/月(税込み¥2,500)メールし放題の電話し放題。
ただし、一度にかけられるのは10分間。それ以上かけるときはいったん切る。
あと月500回まで。

¥980/月の格安SIMと会わせても月額¥3,500程度で済むわけだ!
これくらい月額料金安くすむなら良いんでない?

と、思ってたら、思わぬ伏兵を教えてもらいました。
docomoのカケホーダイです。
最近始まったプランで、今後のdocomoの基本料金体系になっていくようです。
¥2,700/月(ガラケーだと¥2,200)でどこへでもかけ放題。時間制限特になし。
家族構成や月のデータ通信量に会わせてデータプランも選べます。高いけど。
LINEとかのせいで音声通話料とれなくなった苦肉の策といった感じですが、
ライトユーザーには今より安く済ませる良い手段になるようです。
何より、ガラケーなら¥2,200でかけ放題ってのはなかなか。
メールが含まれないのは残念だけど。

以下、ガラケー限定で見た比較表。
ウィルコムdocomo
プラン新ウィルコム定額プランS

誰とでも定額
カケホーダイ
(データプラン無し)
料金(税抜)¥2,315/月¥2,200/月
通話し放題
(10分間、500回/月)
メールし放題×
機種豊富少ない
微妙な通話し放題制限とメール、あと機種をどうするかってところですね。 機種が多いのはやっぱり良いよなぁ。パカパカは会社で使ってて飽きました。 一周回ってストレートがかっこよく見える最近。 そもそも、両者では回線という大きな違いがあるわけで。 通常の携帯電話とPHSじゃ周波数も基地局数も違いますもんね。 携帯電話の方が低周波までカバーして室内に強く、 基地局が抱えられる人数が多い反面利用者が多すぎると回線がパンクしやすい、 PHSは基地局あたりの利用者が少なく音質も良いが、 高周波メインで基地局あたりの範囲が狭く、電波が届きにくい・カバーしきれてない場所がある。 そんなイメージです。あってるかどうか分かりませんが・・・。 緊急時は案外PHSの方がつながりやすいとか何とか。 うーん、ウィルコムもいいなーと思う反面、安定のdocomoも捨てがたい。 何より、この料金プランに追従するかのようにauや禿も同様のプランを作るそうで。 そうなった日には、別にキャリアはどこでもいいような気がしてきます。 うん、やっぱりちょっと待ってみようか。 どうせ電話する相手なんてほとんど居ないんだし。

Comments


Profile

Author:こっけ@ケイ
PSO2鯖:ナウシズ(Ship10)
たまにガジェット関係も綴ります

Archive

Archive RSS Login