Sounds of Goodbye

こっけが息抜きに何かを書きます。

◎ ACCESS :

動画を撮ろう ~ムービーメーカーの謎~

ちょいと今回のGv動画を撮るに当たって
気になる部分がいっぱい出てきてしまったので、
動画撮影の前に
現在直面しているムービーメーカーの問題点について書き記しておきます。

興味がない人にはすごくどうでも良い記事かもしれません。
さらに、理由のわかる方には「お前なにやってんの」的内容かもしれませんw

09/09/08 追記

 


まず、今まで何度か書いたように、DxRec2で撮った動画を
ウィンドウズムービーメーカー(WMM)にそのまま放り込んだ場合、
動画クリップ1本のみの場合は正常に編集、出力できますが
複数のクリップを追加し、タイムラインに置いていったとき、
2つ目からWMMがフリーズ、あるいは右上のタイムライン再生がとまったままになります。

これはDxRec2の独自コーデックが問題で読み込めないのだろう、と
自分の中で結論づけていましたが、
今回DxtoryでAVI生データによる動画撮影の後WMMに放り込んだところ、
DxRec2と全く同じ状況になってしまいました。
これは、Dxtoryも同様にコーデックがおかしいのか?
素人には理由が分からず混乱してきたので、いくつかのパターンに分けて
動画撮影&編集に挑戦してみました。

なお、今回の検証はすべてDxtoryで行いました。

○生データAVI(D3DFMT_X8R8G8B8) ファイルサイズ4GB 2本
  →フリーズ&出力不可
これは今回直面した状況。DxRec2と同じですね。

○生データAVI(D3DFMT_X8R8G8B8) ファイルサイズ300kB 2本
  →編集&出力可能
ん・・・サイズを思い切り落としたら動いた。サイズが原因か?

○RGB24AVI ファイルサイズ4GB 2本

  →フリーズ&出力不可
画質を少し落とした結果。うーん、やっぱり容量?

○RGB24AVI ファイルサイズ300kB 2本
  →編集&出力可能
やはりファイルサイズが落ちると安定している様子。

○RGB24AVI ファイルサイズ300kB 2本 + 4G 2本
  →編集&出力可能
上の操作の後、さらにでかいファイル2本追加しても出力できました。なぜ?

○生データAVI(D3DFMT_X8R8G8B8) ファイルサイズ300kB 2本 + 4GB 2本
  →編集&出力可能
同様に、高画質版で小さいサイズのファイルから読み込ませたらOK。不思議。

○上記からさらにファイルサイズ300kB2本を削除
  →編集&出力可能
何が何だか分からなくなってきた(´・ω・`)


とりあえずこれだけだど、いきなり大きいサイズのファイルを扱うと止まる、ということに。
ただ、今までAviUtlで無圧縮Avi化してからWMMに取り込むことで
サイズはより大きくなっているハズなのに、ちゃんと読み込めてたわけです。
てことは、単純にファイルサイズだけが問題ではないのだろうか。

ちなみに、オプションの「互換性」タブですべてのチェックを外してみても変わらず。
うーん、対処方法が分からない・・・。
ちゃんと動いてる人は動いてるっぽいんだけどなぁ。


↓追記↓
えー、原因がわかったっぽいです。
すべての元凶は「ffdshow」だったようです。
編集してるときもずっとffdshowアイコン出てくるから、
何か悪さしてないかなーとは思っていたけれど・・・。
もともとffdshowは動画を綺麗に見るための設定やコーデック(だったと思う)ですが
WMMと相性が悪く、ちゃんと編集・出力が出来ないようです。
アンインストールし、やっつけで撮った4GB↑のファイルを2つほど作って
WMMで編集し、出力したところ、無事成功いたしました。
まだ5分を超えるような大きな動画は扱ってないので分かりませんが、
これで無事解決、だといいなぁ・・・。

上記の検証は結局無意味だったね・・・。


やっぱりダメっぽいですw
もうムービーメーカーでは直接読み込みは無理ってことかなー。

Comments


Profile

Author:こっけ@ケイ
PSO2鯖:ナウシズ(Ship10)
たまにガジェット関係も綴ります

Archive

Archive RSS Login